グルメ通の部長も驚く静岡名産黒はんぺんフライの巻き

昨日のつづきなんですが、港の近くの食堂に部長を連れて行った時のお話です。

部長はテーブルの上に乗った6品を見ながら

「これ安いな!」「これで宴会出来るじゃないか」

「焼津の人はみんな毎日こんなご馳走を昼飯で食べてるのか?」

私はあわてて部長声が大きすぎます、昼飯で部長みたいに6品も食べている人はいませんよと言ってしまいました。

「ついつい美味しそうなので、こんなに頼んでしまったよ(笑い)」

「おい、これ何て言うんだ」・・・

部長が指をさしたのは私も最近まで知らなかった

”静岡名産 焼津黒はんぺんフライ”だった。
(部長は他のお客様に聞いて頼んだのに忘れちゃったのかな)

hanpen-sara.jpg hanbe-furai.jpg


部長、これは静岡名産焼津”黒はんぺんフライ”って言う物だそうです

と言うと、部長は”はんぺん”は白いぞ!これ白くないぞ!

部長、白いのは紀文のはんぺんのイメージなんですね。

このはんぺんは”黒はんぺん”と言って”鰯”で作るそうです。

不思議そうな顔をしながら”はんぺんフライ”を口にした部長は「旨い!」「旨い!」と大きな声で叫んだ。

部長声が大きすぎます(私)

ちょっと恥ずかしかったですが、部長の気持ちはよく分かります、私も最初にこの”はんぺんフライ”を食べた時はビックリしましたから、生の黒はんぺんとか焼きはんぺんは焼津に転勤してから食べたことあったのですが居酒屋で始めて”はんぺんフライ”を食べてからは必ず飲みに行った時は注文しています。私は”はんぺんフライ”のファンになってしまったのです。

因みにこの黒はんぺんフライは市内のスーパーのお惣菜部門で売っていますが出来れは揚げたてを最初に味わって頂きたいですね。
部長さんも今日から”はんぺんフライ”のファンになってしまったようです。


お土産用の厚い黒はんぺんは味が違うそうです。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。