迫力満点焼津神社荒祭りと焼津海上花火大会

静岡県 焼津(やいづ)市が暑い夏を迎えています。

静岡県焼津市の営業所に着任して初めての夏。

静岡は暑いのは分かっていましたが、今年は特別暑い、静岡営業所のクーラーが全然効きません。

外回りの営業セールスマンは汗だくです。

話は違いますが8月12日から静岡県焼津(やいづ)市が暑い夏を迎えています。

暑い夏といっても地元では毎年のことなのですが、私にとっては初めての暑いやいづの夏を経験しています。会社の盆休みは通常14日から17日なのですが、この焼津の営業所だけは12日からなのです。その理由が暑い焼津の夏と関係しているのです。

8月12日13日と焼津神社例大祭が盛大に行われるのです。

焼津市内にある焼津神社のお祭りは二基の神輿が市中を変わった掛け声で担ぎ廻るのです。

その掛け声は他のお祭りで聞いたことのない掛け声でした。「アンエットン」の掛け声と共に白装束の担ぎ手に舁き上げられ、まさしく勇ましい荒祭りなのです。

白装束の姿も夏のお祭りにはちょっと暑くないかなぁって思ってしまいましたが、独特の姿で勇ましく担ぎ手がアンエットンと掛け声あげて二基の神輿を焼津市内を担ぎ廻る東海一のお祭りのようです。

家の中やお店の中にいてもこの「アンエットン」の掛け声で焼津神社例大祭の神輿が来たのが分かり皆、表に出て行くのです。しかし地元の人以外の方は焼津神社に行ったからといって二基の神輿を見れるとは限りません、観光客の方はこの二基の神輿は焼津神社を出て行く時と戻ってくる時間をおおよそ確認してから出掛けた方がよさそうです。

また、市内で一基づつの神輿をやいづ市内で見るより焼津神社で見ることをおすすめします。この二基の神輿は屋根の神紋色、金の巴紋が先輿、銀の巴紋が後輿と呼ばれていて、先輿には主神の日本武尊、後輿には相殿神の吉備武彦命・大伴武日連命・七束脛命の三柱の神の御神霊をお遷ししています。

そして8月14日は焼津海上花火大会があり盛り上がるのです。この3日間は焼津市が本当に暑い夏になるのです。

焼津神社荒祭りYoutube動画
迫力満点やいづ荒祭り



焼津海上花火大会
平成20年8月14日(木)
午後7時30分〜8時30分
  荒天延期時の予備日は8月15日(金)、8月16日(土)

焼津海上花火大会youtube動画


静岡県焼津市ホームページ|観光案内
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。