静岡の名産桜えびの料理レシピを漁師さんに聞いて来ました。

そろそろ桜えび漁が一旦終わってしまうということを聞いたので慌てて、旬の生の桜えびを見に大井川港に水揚げを見に行ってきました。

いつも店頭で見ていた桜えびとぜんぜん違う色をしていました、何も付けないで食べさせて頂いたのでしたが、生桜えびの味は少し苦かったです。普通、わさび醤油で食べるそうです、人によってはお酢を少し入れて食べるとも言っていました。残念、少し醤油があればなぁって感じでした。

桜えび漁sakura10301.jpg桜えびせりnama-sakura10312.jpg


その時大井川港の漁師さんに桜えびの料理レシピについていろいろ聞けたのでお話しします。普通ピンク色した桜えびは釜揚げした状態でとても美味しいそうです。釜揚げは本来の風味と旨みが味わえるそうです。

一番美味しい食べ方は軽く塩ゆでした釜揚げ仕立ての暖かい桜えびをそのまま食べるのがいいそうですが、スーパーで釜揚げを購入してもう一度暖めると味が落ちてしまうので、冷凍の生桜えびを購入しておいて食事の時、家庭で茹でて食するのが風味も残り美味しい食べ方だそうです。

注意することは冷凍であれば日持ちはしますが家庭の冷凍庫は風味が落ちやすいので冷凍にして置く期間は短くなくてはいけないそうです。

そして桜えびはかき揚げ(天ぷら)が美味しいそうです。ご飯のおかずの他に、お蕎麦とかうどんの上に乗っけたりして食べるそうです。

漁師さんが言うには焼津の「するが亭」という、立ち食い蕎麦屋で「桜えび」「シラス」のかき揚げ天ぷらそばも美味しいと教えてくれました。焼津の寮に住んで居る私ですが全然知りませんでした。そして想像出来ないのが「シラスのかき揚げ」です。来週早々行ってみます。

その他天日干しの桜えびはお好み焼き、ピラフ、チャーハン、パスタに入れたり、佃煮、ふりかけ、バター炒め、炊き込みご飯などにするようです。駿河湾の桜えびと言えば由比が有名で由比漁港の桜えび祭りは人気が高くて県外から食事に来る人が多くお土産もかなり売れるそうです。この大井川港でも5月の連休に港まつりがありそこで桜えびのかき揚げの天ぷら揚げたてを1ヶ100円でこの大井川港で販売したそうなのですが長い行列が出来たそうです、あぁ、もっと早く知っていればなぁ〜。
  水揚げされた桜えびsakuranama.jpg生の桜えびnama_ebi_.jpgkamasakura-300.jpg
   <水揚げされた桜えび>       <生桜えび>       <釜揚げ桜えび>
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。